薬剤師求人!将来性、給料・年収、転職事情など

 

薬剤師求人!将来性、年収、転職事情などに関して詳しく説明している画像

 

1.薬剤師の将来性や年収など

 

1-1.薬剤師の将来性は?安泰できる?

 

 

薬剤師の将来は少し厳しい面もあります。

 

病院薬剤師の需要は横ばい傾向にありますが、製薬会社や化粧品会社などでは、管理者や医薬情報担当者として薬剤師の有資格者を必要としている状況にあります。そう言う意味では、将来的に、薬剤師は企業内スペシャリストとしての期待値は高いと言えます。

 

ドラッグストアなどでも薬剤師がいなければ売れない第一類医薬品などの販売を積極的に行っているので、ドラッグストアなどでも薬剤師の需要はこれからも続いていくことが予想されています。

 

薬剤師は厳しい面もありますが努力次第で問題ありません!

 

 

1-2.将来的に薬剤師過剰の時代が

 

 

将来的には薬剤師過剰の時代が出てきます。

 

2009年以降、登録販売者の資格があれば、薬剤師以外でも一般医薬品の一部をドラッグストアで販売できるようになったので、薬品の販売に従事する薬剤師のニーズは今後減っていくものと見られています。

 

全般的に言えるのは、薬学部、薬科大学の乱立により、薬剤師の数が激増し、供給過剰になる恐れがあります。薬学部の定員は6年制になり、新設ラッシュにより、かなり増加しています。新卒の薬剤師の需要は約4000で、薬剤師は退職する人が多いというものの、それを考慮しても今後、受け入れ先は厳しくなります。2020年までに3割が過剰になるという試算もでています。

 

しかし考え方によっては能力のないものは淘汰され、能力の高い人材が重宝される時代になるということなので、薬剤師が将来的に過剰になるといっても、自身にプラスアルファの能力があれば問題ないでしょう。

 

今のうちから自分のスキルアップを考えておく必要があります!

 

 

1-3.薬剤師の給料・年収はどれくらい?

 

 

薬剤師の平均的な給料は、平成24年の統計で平均年収が約530万です。

 

平均年齢がおよそ37歳になっており、その平均月収が約37万円、時給では2,154円になっています。ボーナスの年間平均は83万円です。初任給は、月収およそ20万、年収にすると350万円程度になっていますから、大卒の平均とほぼ同じ位であると言えます。

 

薬剤師の男女での年収を比較してみると、

 

薬剤師の男女での年収を比較に関して詳しく説明している画像

 

男性の場合は、年収570万、女性は509万円ですから男女で差があります!

 

薬剤師の男女の割合としては男性が32%で女性が68%程度となっていて、女性が多い現場であることが分かります。男女の格差というのは女性はバイトが多かったり家庭の事情で正社員で働いていないことが一番の理由となっています。

 

 

 

職場としては、調剤薬局、ドラッグストア、病院、製薬会社に分かれます。

 

薬剤師の職場での年収を比較してみると、

 

薬剤師の職場での年収を比較に関して詳しく説明している画像

 

 

調剤薬局では、年収およそ400〜600万位、ドラッグストアでは、年収およそ400〜700万以上になっていて、高い方は店長クラスになっています。病院の場合は、年収およそ400〜650万位、製薬会社では年収およそ400〜800万以上になっており、高報酬の方は、歩合制による成果主義の会社の営業職になっています。

 

調剤薬局やドラッグストアでの勤務が一番主流な働き方です!

 

 

2.薬剤師の転職事情やその悩みは?

 

薬剤師の転職事情やその悩みに関して詳しく説明している画像

 

2-1.薬剤師は比較的転職が多い職業

 

 

薬剤師の転職は他の仕事と比べると資格がある分どうしても多い傾向にあります。

 

ただ、資格があるからといって、転職回数が増えてしまうと問題があります。薬剤師の仕事は、人の命と直結する薬を扱う仕事になるので、専門知識はもちろん、冷静な判断力が求められます。

 

また、病院内の薬局では短時間に多くの薬を調剤しないといけないので、機敏さや注意力、集中力も必要になってきます。さらに、患者の信頼にこたえられるだけの強い責任感と倫理観が必要なので、プレッシャーも強く、転職を繰り返す薬剤師も少なくありません。

 

全体的に見ると、薬剤師の転職回数は多い人で3回くらいです!

 

歳が上がるに連れ、転職回数は減少する傾向にあります。いずれにせよ、転職をすると良いイメージは持たれません。最近の風潮としては、転職についてとやかくいう人は少なくなってきてはいますが、転職回数があまりにも多い薬剤師の場合、本人になにか問題があるのではないかと疑われる可能性があります。

 

薬剤師が理想の職場に就くために転職をするのは悪いことではないのですが、転職の回数を増やしすぎると悪印象になるので、注意が必要です。

 

 

2-2.転職を成功させるための3つのポイント

 

 

薬剤師は、就職に困らないと言われています。では、今の職場で10年後の自分を像することができるでしょうか。もしできないのであれば、10年後の自分をしっかりとイメージすることができる職場に転職したほうがよいでしょう。

 

やみくもに転職を繰り返すことなく、1度で転職を成功させるためのポイントが3つあります!

 

 

@ 今の仕事内容や職場の不満を落ち着いて整理してみましょう

 

休みが少ない、人間関係、勤務体系、仕事内容など、様々な理由が思い浮かぶことでしょう。その中には、転職をしなくても上司や人事部に相談することで解決する問題もあるはずです。まず冷静になって、転職しなくては解決しない問題なのかを見極めましょう。

 

 

A 薬剤師として譲れない条件を決めることです

 

年収、休暇、勤務地までの距離などあると思います。転職先に明確に伝えることができなければ、また転職を繰り返すことになりかねません。

 

 

B 転職先の情報を収集しましょう

 

勤務体系や給与はもちろん、実際に働いている人の口コミで職場の雰囲気や残業の有無、休暇の取りやすさなどの生きた情報をできるだけ集め、自分に向いている職場かどうか見極めることが大事です。

 

 

 

<看護師転職お役立ちページ>

 

看護師転職口コミに関する画像

 看護師転職口コミ!あなたに理想の求人を探すためのコツ!

 

看護師転職サイトを選ぶときには口コミが良いものを選ぶのがとても重要になってきます。そこで、看護師の口コミ人気が高く好条件の求人が見つかりやすい転職サイトをご紹介します。

 

 

薬剤師求人!将来性、給料・年収、転職事情など記事一覧

1.薬剤師の仕事の内容の多様さ調剤薬局薬の調剤、服薬について患者への指導、薬歴の管理が主な仕事となります。医師から預かった処方箋通りの薬を用意し患者へ渡す事はコミュニケーション能力も必要となる仕事なのです。ドラッグストアドラッグストアでは他のスタッフと一緒に一般医薬品を販売する仕事が主な業務となります。薬剤師としてはお客様の薬の相談に乗ったり、場合によって は調剤業務や服薬指導を行う場面も出てくる...

1.薬学部を選ぶときに重要なこと1-1.薬剤師はこれからもっと求められる存在に薬剤師はこれからもっと求められる存在になります。今までは薬剤師の仕事は研究、病院での調剤、製薬会社がほとんどでしたが、全国のドラッグストアが薬剤師が必要な薬を売るために大量の薬剤師の採用を行っています。そのため、薬剤師は数年後には余るなどの例も出ているようですが、ドラッグストアでは圧倒的に薬剤師の人数は足りていないのでこ...