老人ホーム・介護施設の看護師求人!給料・仕事内容など

 

老人ホーム・介護施設の看護師求人!給料・仕事内容などに関して詳しく説明している画像

 

1.老人ホーム・介護施設の看護師求人・給料

 

1-1.老人ホーム・介護施設の求人状況

 

 

介護関連の看護師の求人はかなり増えてきています。

 

高齢化社会になっている現代では、老人ホームに入りたくても入れない老人がいるほど、老人ホームなどの介護施設の需要は拡大しておりそれに伴って看護師の需要も拡大しているんです。

 

老人ホームや介護施設では医療行為というよりは介護に近い仕事になるので、医療行為など自分自身のスキルアップしたいと考えている看護師にとっては向いていない面もあると思います。

 

老人ホームは看護師の職場としては非常に需要があります!

 

 

 

1-2.老人ホーム・介護施設の看護師の給料

 

 

老人ホームなどの看護師の給与はそこまで高いわけではありません。

 

介護施設などによっても、地域によっても給料や年収は変わってしまうので一概には言えないのですが、病院で働く看護師に比べて年収で20万円〜30万円低くなってしまうケースが多いです。

 

老人ホームの看護師と病棟看護師の年収を比較してみると、

 

老人ホームの看護師と病棟看護師の年収を比較に関して詳しく説明している画像

 

平均すると20万円程度病棟の看護師とは差が出てしまうことが多いです!

 

老人ホームなどの介護施設の仕事は介護の仕事が多くなりがちなので年収にも違いが出ているのと、老人ホームによって大きな年収の差が出てしまうので高い所では平均で600万円を超えるような施設もあります。

 

 

 

2.老人ホーム・介護施設の仕事内容・悩みなど

 

老人ホーム・介護施設の仕事内容・悩みなどに関して詳しく説明している画像

 

2-1.老人ホーム・介護施設の仕事内容

 

 

老人ホームなどでは看護師でも介護関連の仕事もします。

 

人とのコミュニケーションをとることや体を動かすのが困難な人の入浴、家族の負担を減らすことや家族では世話がなかなか難しい場合に入所型の老人介護施設に入っています。そのため、利用される人は、健康に問題のない人から介護が必要な人まで様々です。

 

老人介護施設での業務内容は、血圧や体温などのバイタル測定、インシュリン注射や浣腸、摘便などから誤嚥や意識消失などの緊急対応や処置などです。また、薬を服用している人の薬の管理など、利用する人の健康状態などを確認するのが大きな仕事です。

 

そのため、病棟を経験したことがある看護師なら問題なくこなせます!

 

ただし、利用者数が多いわりに、看護師が少ないところもあり、そのような施設では忙しいことも多そうです。また、医療面だけではなく、他のスタッフが行うデイサービス内のレクレーションの準備などを手伝うなど看護以外の仕事もあるのが特徴的です。

 

 

 

2-2.老人ホーム・介護施設での看護師の悩み

 

 

老人看護施設では病院とは違った特有の悩みがあるようです。

 

老人介護施設では看護師の仕事は看護だけではなく介護の仕事の一部もやらなければいけないので、慣れない仕事で腰の痛みや肩こりになってしまうことも多いのが悩みという看護師は実際には多いです。

 

また、老人介護施設では介護士も一緒に働いているので介護士の労働はどうしてもきつくなってしまい、看護師の仕事の内容の違いなどから看護師と介護士との仲が悪い職場が多いなど問題も多いようです。

 

老人介護施設では初めて転職する看護師にとっては仲が悪くて介護系の看護師の求人にはなかなか応募ができないという看護師の悩みもあるようです。

 

そのため、介護施設特有の悩みが看護師にはあるようです!

 

 

 

3.看護師と介護士の違いは?

 

看護師と介護士の違いに関して詳しく説明している画像

 

看護師と介護士の間には色々な違いがあります。

 

看護師と介護士の老人施設での働き方でどのような違いがあるのでしょうか?

 

 

3-1.老人ホーム・介護施設での看護師の責任など

 

 

看護師と介護士では仕事の範囲が大きく違います。

 

看護師の方が、知識の難しさや責任の重さ、仕事内容の範囲の広さがあります。看護師は非常にストレスが強く、患者さんに一番接する仕事です。看護師は人の生死に関わることが多く、患者の病気が悪くなって亡くなることもあります。

 

仕事内容の大きな違いは、看護師は医師の指示の元、診療介助ができます。注射などの医療行為ができます。看護師は、介護の仕事もできるので幅広い仕事内容になります。病院では、ほとんど看護師が介護に当たり、老人ホームのような医療行為が少ない施設で介護士が仕事に就くというのが普通です。

 

看護師は、介護士と違って薬の投与や医療行為をし、薬剤師や医師による指示や処方を最終的にチェックする役割があります。看護師と介護士は、一部は仕事が同じになりますが、看護師は傷の消毒や薬を飲ませたり、点滴をしたり急変時の対応などができます。

 

 

 

3-2.老人ホーム・介護施設での介護士の責任など

 

 

老人介護の介護士の仕事は肉体労働が非常に多いです。

 

介護士の仕事は日常の生活が困難な高齢者などに食事などの基本的なことなどの介護をすることが主な仕事になっており、非常に重労働の仕事として腰などを痛めたりしやすい職業になります。

 

また、介護に関して家族の相談に乗ることも介護士の重要な仕事です。資格は介護福祉士という国家資格とホームヘルパーという公的資格があります。

 

介護士は看護師とは違い医療行為をすることはできないので、医療行為が必要になった場合には看護師にお願いするという形になります。

 

 

 

3-3.看護師と介護士の違いまとめ

 

 

 

看護師

介護士

医療行為

×

仕事内容

介護士+医療行為

介護士の仕事

資格

看護師資格

介護福祉士

 

 

 

<看護師転職お役立ちページ>

 

看護師転職口コミに関する画像

 看護師転職口コミ!あなたに理想の求人を探すためのコツ!

 

看護師の転職で重要になるのが転職サイトです。しかし、多くある転職サイトの中から看護師に人気で満足度の高いサイトをご紹介します。