訪問看護師の求人!給料・役割・仕事内容など

 

訪問看護師の求人!給料・役割・仕事内容に関して詳しく説明している画像

 

1.訪問看護師の求人・給料事情

 

1-1.訪問看護師の求人状況はどうなっている?

 

 

訪問看護師の求人は多く需要が非常に見込まれています。

 

訪問看護師というと在宅の患者さんと1対1で対応しなければいけないので、未経験では難しいと感じている看護師の方も実際には多いと思います。

 

しかし、実際には未経験の訪問看護師の求人も多いんです!

 

患者さんによって「症状や病状が違うのでその場で考えて行動をしなければいけないので大変な一面もありますが、これまでの知識を生かしたり、先輩の指導やフォローがあるので未経験だから絶対に無理ということはありません。

 

 

 

1-2.訪問看護師の給料は決して悪くない

 

 

訪問看護は日勤にも関わらず給料は良い方です。

 

訪問看護では基本給自体は少ないのですが、訪問件数あたりの手当てがもらえるので、
『基本給+訪問件数あたりの手当て=給料』なので手当分だけ訪問看護師の給与は高くなる傾向にあります。

 

そのため、病院で働いている日勤の看護師に比べて訪問看護師の給料は高くなるので、子育てなどの家庭の事情などで夜勤ができない看護師の中では実際に人気の職場なんです。

 

訪問看護師と日勤の看護師の年収の比較すると、

 

訪問看護師と日勤の看護師の年収の比較に関して詳しく説明している画像

 

 

手当ての分だけ訪問看護師の給料は高くなっています!

 

訪問看護師も地域による給料や手当の格差はもちろんあるのですが、日勤で給料が良いのでブランクがあったりする看護師にとっては働きやすく給料は決して悪くはありません。

 

 

 

1-3.残業がつかないパターンが多い

 

 

訪問看護の場合には残業代がつかないことが実は多いんです。

 

訪問看護は実際に一軒一軒患者さんの家に寄って診断などを行っていくので相談や雑談など時間がずれやすい環境なので、その分就業時間を過ぎて残業になってしまうことも実際には多いんです。

 

残業の時間的には20分〜1時間というケースがほとんどなので、残業を支払わない事業所のあるようで訪問看護師の不満として残業代が出ないというこという人が多いんです。

 

訪問看護師の悩みとして多いのが残業代が出ないことのようです!

 

 

 

2.訪問看護師の仕事や役割の重要性

 

訪問看護師の仕事や役割の重要性に関して詳しく説明している画像

 

訪問看護師とは病院などの医療機関には所属はしないで、訪問看護ステーションから患者さんのお宅を一軒一軒訪問して看護の業務を行いますが、近年では訪問看護師の仕事や役割の重要性が増してきています。

 

そこで、訪問看護師の仕事やその役割はどのようなものなのでしょうか?

 

 

2-1.訪問看護師の仕事内容

 

 

訪問看護師という言葉は、近年浸透しつつありますが、
その職務の詳細はなかなか知られていません。

 

<訪問看護>とは、

 

看護師が患者の住まいを訪問して、主治医と連携しながら療養に必要な世話や診療の補助を行う看護です。

 

訪問看護が必要な患者は、長期にわたって治療が必要だけれども、様々な事情で入院の日数を短くして、体に問題がある状態で退院した方です。

 

・医療費の負担を抑制するため
・自宅から離れていたくないと感じるため
・最後は自宅で過ごしていたいため

 

などなど個人個人によってその事情は様々です。

 

そのため、そのような病院でできれば治療をした方が良いんだけど、自宅で療養している患者さんのために医師と連携して病状の悪化を防いだり、不自由のない生活を支援するための看護をするのが基本的な目的です。

 

そこで、訪問看護、訪問看護師の仕事の重要性は高まっています。

 

 

 

2-2.訪問看護師の役割

 

 

現在、訪問看護師の役割の重要性が増してきています。

 

『近年の家庭は核家族化していて、問題を抱えた患者のケアが十分にできる状態ではないことが多い』です。そうした人たちを支えるのが、訪問看護師のお仕事です。訪問看護師は、現状は訪問看護師としての経験者を作り出したいという意識から、30代までの人が採用されやすいです。

 

また、患者の自宅に訪問するという性質から、患者とのコミュニケーション能力が重視されます!

 

自宅での診療補助なので、専門のスキルが問われることはあまりないです。高齢化社会となっていく現代で、自宅で患者が過ごせるというスタイルは患者さんの尊厳などを考えていくとこれからの看護のスタイルのメインとなっていくため、訪問看護師の役割の重要性は今後増していくと思われます。

 

 

 

3.訪問看護師と保健師の違い

 

看護師という資格を取得して働くにあたって、様々な働き方があることかと思います。需要も大きいと思いますし、看護師として働ける職場にはとても様々なものがあることかと思います。そんな看護師としての仕事なんですが、訪問看護師と保健師という職業があります。そのどちらも看護師の資格が必要となる職業なのですが、違いっていったいなんなのでしょうか。

 

 

 

3-1.訪問看護師とは

 

 

まず訪問看護師というのは訪問看護を行う看護師なんですね。なので大きいくくりで言えば看護師ということになります。看護師としての仕事の中に訪問看護師が存在するのです。

 

訪問看護師という資格は存在せず、看護師が行う仕事となります。

 

 

 

3-2.保健師とは

 

 

保健師という職業は保健師という資格が必要になる仕事です。

 

保健師は看護師の資格をとったうえで保健師の資格を取得することができるものなのです。保健師は指導をおこなう立場なのです。もちろん看護師の資格も持っているということで看護師として働くこともできます。訪問看護師と保健師にはこのような大きな違いがあったんですね。この二つは全く別の職業ということになります。

 

 

 

<看護師転職お役立ちページ>

 

看護師転職口コミに関する画像

 看護師転職口コミ!あなたに理想の求人を探すためのコツ!

 

看護師の転職で重要になるのが転職サイトです。しかし、多くある転職サイトの中から看護師に人気で満足度の高いサイトをご紹介します。