助産師転職!給料・役割・仕事内容は?

 

助産師の転職事情に関して詳しく説明している画像

 

1.助産師の転職の事情

 

1-1.助産師の転職事情は?

 

 

一昔前まではハローワークで転職することが一般的でしたが、最近ではインターネットの転職サイトなどを利用して転職する人が圧倒的に多い傾向がありますので、現在では転職サイトを使って転職する人が圧倒的に多い傾向があります。

 

現在の助産師の転職事情は引く手あまたであり、就職には一生困りませんが、助産師の仕事の選択肢が多い特徴があります。なぜ助産師は選択肢が多いのか?というと、医療現場など以外にも健康増進のような広域の仕事も出来るところが助産師の特徴となっています。

 

また最近では産科が減ってきている傾向があるので、助産師の需要が高まっている傾向があります。

 

 

 

1-2.助産師の転職需要は高まっている

 

 

そして助産師の高齢化の懸念もある中で助産師の需要が高まってきている傾向も高まっています。

 

助産師の求人が多く載っている転職サイトでは、転職サイトに登録すると担当のコンサルタントが付いて現状の助産師に関連のある転職情報やあなたの条件などを相談して希望の求人を見つけてもらえるなどうれしいサービスが多いんですね。

 

転職サイトを上手に活用するjことができれば、自分が希望している条件などを考えた転職先の情報や自分が住んでいる地域の助産師の転職事情を知ることが出来ますので、転職サイトへ登録して情報を入手する方が忙しい助産師にとっても一番効率的に希望の職場を見つけることができます。

 

このように助産師の転職事情は就職には一生困りませんので、
自分が働きたい医療機関の状況をしっかりとチェックするようにしましょう。

 

 

 

2.助産師の気になる給料事情は?

 

2-1.助産師の給料事情は?

 

 

助産師の給料は看護師に比べてどうなのでしょうか?

 

助産師の給料は看護師の給料に比べて助産師手当てが入っている分だけ、
助産師の給料や年収は看護師の給料や年収に比べて高い傾向にあります。

 

助産師と看護師の給料、年収の比較をしてみると、

 

助産師の給料事情に関して詳しく説明している画像

 

 

助産師と看護師の年収の差は50万円〜60万円前後になっています。

 

そのため、助産師になるために助産師になるための学校に行って資格の勉強をして助産師になる価値は十分にあります。助産師は自分で助産院を開業できるなど独立することも可能になってくるので、助産師という資格は色々と広がりのあるおすすめの資格なんですね。

 

 

 

2-2.個人院の助産師と病院の助産師の給料の違いは?

 

 

助産師の資格を持っていて勤める場合、個人院と病院の給料の違いはどうなっているのでしょうか?

 

助産師の資格を持つ人全体の平均年収は、常勤で夜勤もある場合約540万円ほどとなっています。常勤でも日勤のみで夜勤がない場合は約440万円ほどで、夜勤のあるなしで収入にも約100万円の大きな開きがあります。

 

 

助産師夜勤あり、夜勤なし年収に関して詳しく説明している画像

 

 

さて、個人院と病院の給料の違いについてですが、個人院、病院共にそれぞれ高額なところやそうでもないところもあり、一概には言えないというのが実際です。個人院でも、病院でも高いところは高い、低いところは低いということです。

 

高いところで約700万円弱、低いところは約400万円弱ですから、なんと約300万円もの差があるのです。

 

しかし、どちらかと言えば病院の方が高い傾向にあるようです!

 

高額収入の助産師の7・8割が病院勤務、2.3割が個人院勤務というところでしょうか。基本給はどちらもほとんど同じぐらいですから、個人院か病院かということよりも給料の額の大きな違いが出てくるのは、

 

・夜勤の日数
・残業のあるなし
・手術や分娩などの回数による手当額

 

というのが助産師の給料や年収左右するということが言えます。

 

高収入を得てる人は、ほぼこれらの額が高いので、かなり忙しい思いをしながら
プライベートなどをなかなか満喫できないといったデメリットもあるようです。

 

 

 

3.助産師の仕事の内容は?

 

助産師の仕事の内容に関して詳しく説明している画像

 

出産の際、妊婦のそばについていて、励ましたり勇気付けたり安心させたり、呼吸法の指導をしたりと赤ちゃんを取り上げたりとお産の時に大活躍するというイメージの助産師ですが、実際はどのような仕事をしているのでしょうか。

 

ここでは、助産師の仕事の内容についてご紹介します。

 

 

3-1.助産師の仕事は多岐にわたる

 

 

助産師の仕事は様々な仕事があるんです。

 

助産師の仕事と言えば、出産に立ち会って赤ちゃんを取り上げるというのが助産師の仕事というイメージがありますが、実際には助産師は赤ちゃんを取り上げること以外にもたくさんの仕事があります。

 

妊婦や出産を終えたばかりの女性の保健指導を行うことが、まず主なもので、

 

・妊婦の健康管理
・妊娠中の食事や運動などの生活指導
・出産後の体調管理
・母乳指導
・乳児指導

 

と産前から看護に至る一連の流れを管理、指導します。

 

 

 

3-2.母親としてのアドバイスも仕事のうち

 

 

新しく母親の自覚を持たせるというのも大事な仕事の一つです。

 

産前産後だけでなく、すべての女性に対し、親になることや妊娠、出産することについての知識を普及させたり、家庭において家族計画の指導を行ったりと広く社会全般に対しての啓蒙活動などの役割も担っているのです。

 

助産師は、医学的知識を踏まえた上で、女性ならではの視点からのアドバイスをし、親身になって相談に乗ってくれる存在として妊婦はもちろん、多くの女性に頼りにされる存在としての役割が高まってきているということができるでしょう。

 

そのため、助産師は新しく母親になる人にとってとても重要な存在なんです!

 

 

 

<看護師転職お役立ちページ>

 

看護師転職口コミに関する画像

 看護師転職口コミ!あなたに理想の求人を探すためのコツ!

 

看護師の転職で重要になるのが転職サイトです。しかし、多くある転職サイトの中から看護師に人気で満足度の高いサイトをご紹介します。

 

 

助産師転職!給料・役割・仕事内容は?記事一覧

1.助産師を目指すきっかけやその理由1-1.助産師になりたいと考えるきっかけは様々看護師が助産師になりたいと考えるきっかけは様々です。助産師になりたい理由として様々な理由があると思いますが、やはり助産師はサブ的なスタンスにある職業にあるところがありますので、小さいころは助産師よりも看護師になりたいと思っている人が多いのではないでしょうか?このように最初は看護師になりたいと思っている人も多いと思いま...