看護師転職で失敗してしまう5つの大きな理由

 

看護師転職で失敗してしまう5つの大きな理由に関して詳しく説明している画像

 

1.看護師が転職を失敗してしまう5つの原因

 

1-1.募集時の条件や契約内容と違う

 

 

転職失敗の第一位は募集時の条件と入職後が全然違うということです。

 

これは看護師の転職に限らず色々な業種や職種であり得ることなのですが、募集時の条件や契約内容と入職後の条件が全然違うということは実際には色々なケースで存在します。

 

例えば、
・残業がないはずなのに毎日1時間のサービス残業
・看護師がいなくて教育がほとんど受けられない
・賞与の計算が大きく違ってかなり少ない

 

など、転職後に条件が話と違うなんてことはかなりあります。看護師が少ない病院は平気でうそを付いてくる病院をあるので注意が必要です。

 

そのため、条件などは書面でもらってから転職を考えるのがとても重要です!

 

 

 

1-2.必要以上に好条件を求めてしまう

 

 

よい条件ばかりを追い求めるということが失敗の理由になりがちです。

 

夜勤などが少ない、身体に負担の少ない職場で働きたいと思うのは誰でも一緒なのですが、看護師という職業、病院という場所がら、みんながみんなそのような勤務形態で働くことはできません。

 

だから交替で少しずつ夜勤を回すようにしたり、負担を分散させるような努力をしているわけなのですが、それでも自分はとにかく夜勤は嫌だとつっぱねたり、子どもが急病のときはすぐに早退させてほしいなどという条件をかたくなにもっていると、転職先は見つかりません。
もちろん、自分の譲れない条件というのは事前に設定しておくことはとても重要なのですが、譲れない条件が多すぎたりすると求人が全く見つからないという状態になってしまうことが考えられます。

 

そのため、譲れない条件が多すぎることは転職失敗につながりやすいです!

 

 

 

1-3.転職前のイメージが強すぎる

 

 

転職前に職場のイメージが強すぎるのも転職後に失敗するパターンです。

 

人づてに聞いた情報・噂などで自分で確認することなく、

 

・ある診療科は実際に楽みたい
・残業無くて給料良いみたい
・美容外科の給料は一般科の倍みたい

 

など、先入観を持ってしまい転職後に後悔することは多いです。

 

楽だと思っていた診療科は実際にはあなたにとってはかなり大変な職場であったり、美容外科は整形や化粧品などの勧誘をした歩合が給料に与える影響が多いから営業成績が悪いと給料はそこまで良くないということはあり得ます。

 

そのため、自分で確認できていない人づての情報だけで転職先を決めるのは危険です!

 

 

 

1-4.自分で実際に確認していない

 

 

自分で実際に病院を確認しないで転職先を選ぶのは危険です。

 

これは先ほどのイメージにもつながるのですが実際に病院に見学などをしないで求人情報だけの良いイメージに左右されてしまって、実際に自分で病院の雰囲気などを確認しないまま面接を行ってそのまま転職してしまうケースは失敗しがちです。

 

条件が良かったり、ホームページの見栄えが良い病院があなたにとって良い病院とは限らず、条件はそのままで良かったけど職場の雰囲気があなたに合わなくて精神的に辛くなってやめてしまうという方は意外と多いんです。

 

そのため、面接前に自分で受診したりと実際に確認するべきなんです!

 

 

 

1-5.優先事項が決まっていない

 

 

自分が次に転職先に対しての条件が曖昧だと転職がうまくいきません。

 

転職では自分が希望する優先事項を決めておく必要がありますが、転職がうまくいかない人の特徴としては自分が次の病院にどんな条件を持って転職活動をしたらいいのかあいまいになっています。

 

看護師が転職を考えている場合には、

 

・今の職場の人間関係が嫌だ
・残業が多いから少ない病院
・給料がもっと高い病院にしたい
・自分のスキルを上げられる病院にいきたい

 

など、何かしらの理由で転職を決意したはずです。その理由があいまいなまま転職しても同じ理由でまた嫌になって転職をしてしまうことになります。

 

そのため、転職理由と条件を決めて転職活動をしなければいけないんです!

 

(参考)
看護師の転職で希望の病院を探すために優先すべき条件は?

 

 

 

<看護師転職お役立ちページ>

 

看護師転職口コミに関する画像

 看護師転職口コミ!あなたに理想の求人を探すためのコツ!

 

看護師転職の口コミで良い転職サイトを使うことが理想の求人を見つけるうえでとても重要です。そこで、看護師の満足度が高い求人サイトをご紹介しています。

 

 

 

看護師転職で失敗してしまう5つの大きな理由記事一覧

1.男性看護師に将来性はあるの?現在では比較的大きな病院などにおいて、男性の看護師の姿もよく見ることができるようになりました。2002年に看護婦の名称が変わって看護師となりました。今では医療や福祉の現場において男女の区別なく働いているわけですが、男性の看護師の存在感も年々増してきています。そこで、気になる男性看護師の将来性やお給料などご紹介していきます!1-1.看護師を目指す男性が増えてきている看...

1.看護師と准看護師の4つの大きな違い看護師と准看護師の違いについてご存知でしょうか?看護師と一口に言っても、看護師と准看護師があり、このふたつは、仕事内容自体はほとんど同じなのです。しかし、看護師と准看護師とでは資格も待遇も違います。看護師を目指すのと准看護師を目指すのとではそもそも、学習内容や知っておくべき知識の量にかなりの差があるのです。また看護師と准看護師とではどちらかといえば看護師の方が...

1.病院の勤務体制看護師の勤務形態は病院によって違います。勤務形態は就業先によっても異なりますが、通常、2交代制か3交代制に分かれているのが普通です。あらかじめシフトが組まれていて、それに従って勤務します。病院には休みがなく、24時間人がいなければならないので、特殊な勤務形態になります。1-1.3交代制の特徴多くの病院は3交代制を採用していて、約7割を占めています。残り約3割が2交代制ということに...

1.病院、看護師の間のカンファレンスの重要性1-1.看護師のカンファレスカンファレンスというと、一般的には学術的・技術的な会議や研究発表のことを指しますが、看護師のカンファレスは、@ 業務内容の引き継ぎA 患者さんに対する注意点や治療上の問題点を確認B 仕事内容の改善を意見する場であったりします。特に入院患者さんに対するカンファレンスは、治療や経過、担当がいたとしても決して一人で看護し続けることは...

1.看護師不足は日本だけではなく海外でも1-1.看護師養成機関が不足しているアメリカでは看護師の養成のために機関が非常に不足しています。アメリカでも看護師は人気職で高い給料が期待できるの職業の一つなのですけれども、それを養成する人が足りていないというのがアメリカが抱えている看護師不足の理由なようです。看護師を教える立場の人数が足りないので看護師育成所のような施設を増やすこともできず、またそれに投資...

1.新人看護師がやるべきこと、役割人の命に携わる看護師という仕事、やりがいが大きい分、責任も大きくなります。新人看護師といっても、人の命にかかわっていることは違いありません。とはいえ、はじめから完璧に何でもできる人は少ないでしょう。特に新人看護師の仕事は忙しく、看護技術や病態、ケアなど毎日毎日、さまざまな業務をこなしていきながら勉強を重ねていく必要があるので人一倍の努力が必要になります。杏林大学医...

1.仕事をやっていくうえでコミュニケーション能力は超重要1-1.職場環境を円滑にするためにも重要円滑な職場環境を維持するためにもコミュニケーション能力は重要です。・数ヶ月で病院を辞めたり・患者さんとトラブルを起こしたり・医師との意思疎通が取れずに病気になるなどコミュニケーション能力の不足が原因でトラブルを抱えてしまう看護師が多いようです。コミュニケーションのまずさがトラブルを生み出しています。「医...

1.内定の辞退をするときに考えること看護師として就職や転職を行う際には様々な病院、クリニックや大学病院などの履歴書の送付、面接等を受けることになるかと思います。そんな就職活動の際に採用が決定したとの採用通知がくると本当に嬉しいものですよね。自分の努力が認められたようなそんな気持ちになることかと思います。病院からの内定、採用通知が来た場合に関してなんですが、あまり気乗りしないそんな時にはどういった対...