医師求人で好待遇の職場を見付ける方法

 

医師求人で好待遇の職場を見付ける方法に関して詳しく説明している画像

 

1.好条件の医師の求人を見つけるポイントは

 

1-1.医師の求人自体は非常に多い

 

 

医師の求人は特に地方で非常に多くなっています。

 

医師という職業は特殊な技術や知識を要し命を預かる立場だったりするので、常に需要は存在しているモノです。しかも近年は、地方の病院を中心に医療の現場での医師不足が深刻化しているので医師の求人は非常に多くなっています。

 

新医師臨床研修制度によって都心の病院へ研修医などが集中する結果として、医局制度が崩壊し医局から地方への病院への医師の派遣が行われなくなって地方の医師不足は深刻なんです。

 

地方の医師不足などに起因して医師の求人は非常に多いんです!

 

 

1-2.好条件の求人は転職サイトがベスト

 

 

好条件の医師の求人を見つけるためにh転職サイトがベストです。

 

医師不足によって医師の求人は直ぐに見付け出す事が出来ますが問題なのは、好待遇の医師求人を見付ける事です。前記した様に、現在では医師不足の病院は多く、そういった病院で働く医師というのは、休日を取る事すらままならない程に過酷な労働条件だったりします。

 

なのでそういった職場から抜け出して、もっと待遇の良い病院で働きたいと考える医師は多くいます。ですが仕事が忙しいために、肝心の職場探しも出来ない状況だったりするのです。そういった忙しい医師は、是非とも医師専用の転職サイトに登録すべきです。

 

というのも、そういった紹介業者では希望する雇用条件や給与等を登録しておけばそれに見合った医師求人を見つけ出して紹介してくれるのです。自分で転職活動をしなくても紹介してくれるので非常におすすめなんです。

 

なので好待遇で働ける病院を効率良く探し出す事が出来ます!

 

 

1-3.総合病院から出ている医師求人の特徴

 

 

医師は大学の医学部を卒業した後に、研修医として医療の現場での実務をこなせるように学びながら仕事に就きます。そして研修医期間を終えると法律上は自らクリニックを開業できるようになりますが、経験がまだ浅いため大きな総合病院や大学病院に勤務する場合がほとんどです。

 

また自らクリニックを経営するよりも勤務して働くという選択肢を取るために、大きな病院に勤務する医師も多いです。そうした場合は医師求人に応募する事になりますが、総合病院での医師求人の特徴を理解しておく必要があります。

 

その特徴として、一般的には薬剤師や看護師などの他の医療系職種よりも給与水準が高めになっています。また個人開業のクリニックと異なり非常に多くの専門分野から募集しているケースが多いです。特に手術を行う設備のある病院では、麻酔が必要になるため麻酔科医の募集が多いという事で知られています。

 

また内科や眼科など一般人に馴染みの深い分野でも多く募集しています。

 

 

2.医師の給料・年収はどれくらい?

 

医師の給料・年収に関して詳しく説明している画像

 

2-1.最近10年の医師の給料の推移

 

 

医師の平均給与はここ数年は月収88万円台で推移をしています。

 

まず平成13年なのですが、医師の平均の月収は92万円台という状況だったのです。翌年の平成14年には87万円台という状況となりましたが、平成15年と16年には90万円台に戻っています。ところが平成17年になりますと、医師の平均年齢は79万円台に下落します。しかしそれも一時的なものでした。

 

平成18年になりますと、医師の平均収入は83万円という数字に戻っています。そこから徐々に回復をして、平成20年には89万円という数字に戻りました。そして88万円前後という数字が、ここ数年間は継続しています。

 

ですので、医師の平均給料としては88万円前後以上という状況です!

 

それは年収に換算しますと、1100万円前後という数字です。年収の方も、ほぼ上記で申し上げた月収と同じ状況で推移をしています。なお、今後の給与がどうなるかは不明です。

 

 

2-2.職場別医師の給料・年収

 

 

 

給料

年収

<勤務医>    
〜5年目 45万円〜50万円 600万円〜850万円
5年目〜 70万円〜100万円 900万円〜1400万円
部科長レベル 100万円〜150万円 1500万円〜2000万円
院長 200万円〜250万円 2500万円〜3000万円
     
美容外科 50万円〜500万円 600万円〜6000万円
小児科 80万円〜130万円 1000万円〜2000万円
外科 70万円〜100万円 900万円〜1400万円
     
<大学病院>    
20代〜30代前半 20万円〜45万円 350万円〜600万円
講師 45万円〜50万円 600万円〜850万円
助教授 50万円〜60万円 700万円〜900万円
教授 70万円〜90万円 800万円〜1200万円
     
<開業医> 200万円〜 2400万円〜

 

 

3.医師の平均的な年齢は?転職には何歳くらいが多い?

 

3-1.医師の平均的な年齢

 

 

医師の平均の年齢なのですが48.1歳となっています。

 

その数字は、ここ数年間上昇している状況なのです。例えば昭和57年の付近などは、医師という職業の平均の年齢はほぼ40歳だったのです。その状況が約5年間ほど続きました。そして平成4年あたりから、平均の年齢は40.5歳ぐらいとなります。

 

それから徐々に上昇傾向となっていきます。平成10年などは平均41歳という数字を記録しています。さらに平成16年などは、平均42歳という状況だったのです。すなわち、全体の傾向としては平均の年齢が徐々に上昇してきているという状況となっているのです。

 

ちなみにここ数年では、40代の方々の割合が増えてきている状況でもあります。さらに50代の方々の割合などもだんだん増えています。

 

医師に定年は無いのでもう少し平均年齢は上がるかもしれません!

 

 

3-2.医師の転職で多いのは何歳くらい?

 

 

医師の転職で多いのは5年目〜10年目の医師です。

 

医師の卒業年度や年齢が違うので何歳が転職で多い年齢かという正確な数値はないのですが、5年目〜10年目に差し掛かったあたりから自分の待遇や仕事の内容を考えて転職をするケースが非常に多くなっています。

 

10年〜の経験を積むとその専門の分野のスペシャリストとして転職をすることで今より高い待遇で転職できることが多いので、転職を検討する医師が非常に増えてくるんです。

 

医師の転職は自分のスキルに自信持てる時にすることが多いです!

 

 

 

<看護師転職お役立ちページ>

 

看護師転職口コミに関する画像

 看護師転職口コミ!あなたに理想の求人を探すためのコツ!

 

看護師転職サイトを選ぶときには口コミが良いものを選ぶのがとても重要になってきます。そこで、看護師の口コミ人気が高く好条件の求人が見つかりやすい転職サイトをご紹介します。

 

 

医師求人で好待遇の職場を見付ける方法!記事一覧

1.医師の役割や仕事内容1-1.医師の役割とは?医師は病院で様々な役割を担っています。臨床医の仕事の一つに患者さんを診察して症状を判断するという事があります。症状を判断した後、薬の処方や注射などの投薬を薬剤師や看護師に指示を出す、司令塔のような役割もします。そのためには病気や医療に関する知識や経験が必要です。そして、診察をスムーズに行うために患者さんと上手にコミュニケーション出来る事も必要ですし、...

1.開業医にならないと稼げない?1-1.成功すれば開業医はかなり稼げる成功をすることができれば開業医はかなり稼げます。勤務医の年収は平均すると1000万円〜1500万円程度と言われていますが、開業医として成功すれば3000万円以上の年収を得ることは可能で一医師という立場だけではなく経営者という立場で病院を運営していきます。また、親から病院を継ぐことができれば借金はありませんし、経営など病院の運営が...

1.医師国家試験の難易度・合格率1-1.昭和20年代からの医師国家試験の合格率の推移医師国家試験の合格率は、ここ数年80%台を上回る数字で推移しています。平成20年代に入ってからは、90%台となって推移をしている状況です。昭和20年代などが、そのような状況ではありませんでした。年によっては、合格の率は50%台にだった時もあったのです。例えば昭和23年の4月に実施された試験の場合、55%という数字だ...