救急外来看護師求人!給料や仕事内容や悩みなど

 

救急看護師求人!給料や仕事内容や悩みなどに関して詳しく説明している画像

 

1.救急外来看護師の求人状況や給料事情

 

1-1.救急の看護師求人は非常に豊富

 

 

救急外来の求人は看護師の求人でも良く募集が行われている科です。

 

救急外来の仕事は何次救急によるかでも大きく変わってくるのですが、基本的に救急外来には看護師の人手が足りないので忙しい職場で給料もなかなか上がらないことから離職率が非常に高いのが特徴的です。

 

そのため、救急外来を経験して即戦力として働ける人材が求められています。未経験者が転職を考えている場合にはしっかりとした教育制度があるのかを確認しておくことがとても重要になってきます。

 

救急外来の求人は豊富ですが仕事はハードということは知っておきましょう!

 

 

 

1-2.救急の看護師求人は慎重に選ぶことが重要

 

 

救急外来の看護師求人は慎重に選ぶことがとても重要です。

 

救急外来の仕事内容というのは1次・2次・3次救急のどれかによって忙しさは段違いに変わり、救急で積める経験値も1次・2次・3次救急でかなり変わってくるので自分が救急でどうしたいのかを前もって考えておかないと転職で失敗してしまいます。

 

自分のスキルアップを望みたいのなら3次救急を目指すべきでしょうし、そこまで忙しくなくても救急での経験を積みたいと思っている場合には1次・2次救急を行っている病院がお勧めです。

 

自分の目標によって目指すべき病院が変わるのが救急外来なんです!

 

 

 

1-3.救急外来看護師の給料事情

 

 

救急外来看護師の給料は一般の看護師の給料を同水準です。

 

しかし、職場によっても忙しさや1次、2次、3次救急などによっては残業の有無などが違ってくるのでひとくくりにはできないのですが、全体を平均すると一般の常勤看護師と同水準の給料になっています。

 

救急外来看護師と常勤の看護師の年収を比較してみると、

 

救急外来看護師と常勤の看護師の年収を比較に関して詳しく説明している画像

 

救急外来看護師と常勤の看護師の年収は500万円前後と同じくらいです!

 

3次救急になると最後の砦として緊急度が高い患者さんも多いので、残業になるケースが非常に多くなるので給料も残業の分だけ高くなるので600万円前後になってきます。

 

 

 

2.救急外来看護師の仕事内容や悩み

 

急看護師の仕事内容や悩みに関して詳しく説明している画像

 

2-1.救急外来看護師の仕事内容

 

 

救急看護というのは、看護師の仕事の中でももっとも大変な仕事内容の1つです。

 

救急車で急患がやってきた際、急患の看護をします。救急看護はとても大変な仕事で、急患で病院にやって来た患者に対して、バイタルサインのチェックをし、その後、採血をして血液検査を行い、心電図を装着して心電図の波形を把握します。

 

難しい仕事をこなさなければならないのが救急看護なので敬遠しがちですが、とても良い経験になり、スキルアップにつながります。但し、救急看護師になった場合、病棟の看護師とは異なる仕事が求められることになるので、仕事内容をきちんと把握した上で救命救急センターへの転職を考えないといけません。

 

 

 

2-2.救急外来看護師が求められる能力

 

 

救急外来看護師が求められる能力は高いものがあります。

 

救急看護をする看護師は、ある程度の経験が必要で、観察力と判断力、チームワーク力が求められます。救急看護をする場合、3次救急の場合には患者さんは重体で運ばれてくるため限られた時間の中で見逃さない観察力が重要になってきます。

 

そして卓越した判断力が求められます。自分がするべき事と、次に何をすべきかを素早く判断し、常に予測しながら動くことができるようでなければいけません。そして、チームワーク良く急患を助けていかなければなりません。

 

看護師には患者さんの状態に柔軟に対応できる能力が求められます!

 

 

 

2-3.救急外来の看護師が抱えやすい悩み

 

 

救急外来では精神的な問題を抱えやすいんです。

 

高度救命救急で仕事をすることが出来たとしても、患者との関わりが看護師の悩みとなることがあります。意識が戻らない患者もいますし、ケアをすることが大変な患者もたくさんいます。急変をする可能性も高いので、常に緊張感を持って接していかなければいけないということもあるので、精神的な疲れも蓄積されてしまう可能性もあるので大変なのです。

 

また、3次救急になると重症の患者さんが集まってくるので自分の判断で患者さんがなくなってしまうこともすくなからずあります。自分の能力不足について悩んでしまう看護師も実際には多いんですね。

 

やりがいはありますが悩みが多いのも救急外来看護師の特徴でもあります!

 

 

 

3.救急外来看護師Q&A

 

未経験でも救急で働くことは可能?

 

未経験でも救急外来で働くことは可能です。

 

しかし、救急外来というのは1次・2次・3次救急と分かれており、重症患者さんが少ない1次・2次救急外来は未経験の看護師でも最初から入っていくことは可能ですが3次救急になると研修なしに入っていくことできないほど緊迫しています。

 

そのため、未経験で救急外来へ転職する場合にはしっかりと研修が取れる教育がしっかりとしている病院を選ぶことがとても重要です。

 

転職の際には教育がどのくらい可能なのかを面接で聞くことが大事です!

 

 

 

日勤でも救急で働くことは可能?

 

日勤でも基本的に働くことは可能です。

 

救急外来の看護師の求人には日勤の看護師の募集もしていますが、そのような病院は実際には少ない印象です。日勤でもOKという病院は人数が本当に足りなく日勤をしてくれる看護師がいれば今いる看護師のシフトが楽になるから欲しいというケースが多いようです。

 

日勤だけという話であっても途中から夜勤もお願いされてしまうケースもあるので、日勤だけしか働くことができないという場合には科の中でも忙しい職場である救急外来は選択肢から外したほうが良いと思います。

 

日勤だけでも可能ですがあまり居心地が良くないかもしれません。

 

 

 

救急外来看護師はどのような人におすすめ?

 

救急外来看護師は色々な科で経験した人におすすめです。

 

救急外来というのは内科、消化器、外科、脳外科など様々な症状を訴えて救急車で運ばれてくるので、色々な科を経験している看護師にとっては今までの経験を発揮しやすい職場になっています。

 

また、色々な科を経験していなくても、特定の科で長い間勤めている経験があれば、その症状で来た患者さんへの対応などスムーズにすることができますし即座に対応することができます。

 

救急外来の求人でも経験者を優遇という条件があるところが多いので、看護師として色々な経験をしている場合には救急外来はスキルアップにもなりますし、実力を発揮する機会になります。

 

 

 

 

<看護師転職お役立ちページ>

 

看護師転職口コミに関する画像

 看護師転職口コミ!あなたに理想の求人を探すためのコツ!

 

看護師の転職で重要になるのが転職サイトです。しかし、多くある転職サイトの中から看護師に人気で満足度の高いサイトをご紹介します。