看護師試験の難易度、試験対策、就職面接

 

看護師試験の難易度は国家試験としてはそこまで高いわけではないに関して詳しく説明している画像

 

1.看護師試験の難易度

 

1-1.学校を卒業できれば合格するのは難しくない

 

 

看護師試験は学校を卒業できれば合格は難しくありません。

 

一生涯安定した職業で働きたいのなら、看護師の国家試験を受けて看護師になるのが女性にとっては非常に有効な資格になります。看護師の国家資格を取得するためには国家試験に合格しなければいけませんが、一般的に国家試験は難易度が高いものと思われがちです。

 

しかし、看護師の国家資格は看護学校をしっかりと勉強していればさほど難しくないです!

 

指定の看護師養成の教育機関でしっかりと勉強をしておけば、看護学校で看護師に最低限必要な知識や技術は習得できているということなのでそれを国家試験で確認することになるので比較的簡単に国家資格を取得できるのが看護師の国家試験なんですね。

 

医療機関などで働く看護師は、国家試験の看護師試験に合格しなければいけません。看護師試験の難易度はそれほど高いものではなく、合格率自体は90%程度になっています。このことからも、看護師にあるための看護師試験に合格するための看護師を養成する看護大学などしっかりと勉強をしておけば、試験に合格して看護師になることができます。

 

 

 

1-2.看護師試験に不合格になった場合には

 

 

看護師になるためには看護師試験の国家試験に合格をしなければいけません。
不合格だった場合にはどうなるのでしょうか?

 

看護師試験は一年に一度開催されますのでまた受けられるのです。そして看護学校のほうはどうなるのかというともう卒業していますので通う必要はありません。ただ看護学校のほうでは不合格者のための講習などもしていますのでそれに参加させてもらうことができます。

 

そしてもう就職先が決まっている場合にはどうなるのかといいますと、資格を取得できなかったということで内定が取り消しになる場合もあります。また准看の資格に合格している場合には准看として働かせてもらうこともできます。この場合には准看としての待遇で雇われることになるのです。

 

看護師の国家試験に落ちる割合は非常に少なく、不合格になりますと一年間はつらい日々を過ごすことになります。しかし一年後合格すればいずれは遅れを取り戻すことができ、過去の汚点も消えてなくなるのです。

 

 

 

1-3.看護師資格は一生もの

 

 

看護師資格は一生もので更新などは必要ない資格になります。

 

看護師の資格は取得できれば一生もので更新がいらないので、ブランクがあったとしてまた看護師として復帰ができる資格なるので、日々の勉強はもちろん必要になってきますが育児が終わった後に安定的な収入を得たいと考えている女性にはかなりおすすめの資格なんです。

 

看護師は全国的に不足しており、今後数年はこの傾向が続いていくと思われているので看護師という資格は大きくこれからも増えるでしょうから、看護師試験に合格して資格を取得しておけば今後の高齢化に伴ってさらに看護師の需要は増えていくので安定して働くことができるでしょう。

 

看護師資格は取得しておいて損のない一生ものの資格になります!

 

 

 

2.看護師試験を突破するために重要な勉強方法

 

看護師試験を突破するために重要な勉強方法に関して詳しく説明している画像

 

2-1.過去問を繰り返すことの重要性

 

 

看護師試験は過去問を繰り返すことがとても重要です。

 

国家試験になりますので、難しいというイメージを持たれる方も少なくありませんが、毎年の合格率としては90%前後となっています。その為、しっかりと勉強を行えば合格を手にする事は難しくないと言えます。

 

合格する為にはもちろんそれなりの勉強が必要になりますが、勉強方法としてはまず過去のテスト問題を反復して行うという事が大切になります。過去問から似たような問題が出る事もありますので、しっかりと勉強する事によって合格する確立をアップさせる事ができます。

 

また、過去問を繰り返し行う事によって試験に出される問題に慣れる事ができるというメリットもあります!

 

 

 

2-2.確実に正解できる問題をしっかりと

 

 

看護師試験に合格する為には特に必修問題への対策をしっかりと行っておく必要があります。

 

看護師試験は合格率が非常に高い試験なので必修問題、必ず正答しなければいけない問題が多く出題され、落としても問題ない難問といわれる問題はほとんどないのが特徴です。そのため、必修問題は8割以上は正答しなければいけないですし、看護師試験に合格する為の絶対基準ですので、落とさないようにしなければいけません。

 

看護師試験は難問に答えられなくても正答率が高い問題に答えられていれば合格できるようになっているので、まずは絶対に落としてはいけない問題から正答率50%程度の問題を完璧にこなしていれば合格はほぼ確実にできるので難問はある意味捨ててもいいでしょう。

 

看護師試験は基礎的な問題を失点しないことが一番重要な試験なんです!

 

 

 

3.看護師の就職試験では面接がかなり重要な割合を占めます

 

看護師の就職試験では面接がかなり重要な割合を占めますに関して詳しく説明している画像

 

3-1.試験に合格する前から就職の準備は始まる

 

 

看護師試験の合格をする前から就職活動は実は始まります。

 

看護師として働く為には就職試験を突破する必要があります。看護師試験が始まる前から就職活動をしなけばいけない病院もあるので試験勉強をしながら就職活動の対策も同時に進めていかなければいけないので実はこの時期が非常に忙しく大変です。

 

その就職試験の中でも重要なのが面接です!

 

特に新卒の場合ですと看護師としてのキャリアがありませんので、今までの看護師としての実績などを利用して面接をすることはできませんので、面接の内容で合否が決定されてしまう事が殆どです。面接を突破する為にはきちんと考えを整理しておく事が大切になります。

 

 

 

3-2.面接で重視したいポイント

 

 

看護師の就職面接で重視しておきたいポイントがあります。

 

まず考えておきたいのが志望理由です。

 

志望理由というのは必ずと言っていいほど聞かれますので、しっかりと答えられるようにしておく必要があります。また、志望理由はどこでも言えるような内容になってしまわない事が大切です。上辺だけの内容になると志望度が低く見られてしまう事にもなりますし、印象もあまり良くありません。例えば総合病院を志望するのなら、なぜその病院を選んだのかという事を明確に伝える必要があります。

 

他にも自己PRの整理も必要不可欠です。

 

採用を獲得する為には自身の強みを伝え、採用担当者に自身を採用するメリットを感じさせる必要があります。
その為にも事前に強みの整理を行い、きちんとアピールする事が大切です。

 

 

 

<看護師転職お役立ちページ>

 

看護師転職口コミに関する画像

 看護師転職口コミ!あなたに理想の求人を探すためのコツ!

 

看護師転職の口コミで良い転職サイトを使うことが理想の求人を見つけるうえでとても重要です。そこで、看護師の満足度が高い求人サイトをご紹介しています。

 

 

 

看護師試験の難易度は国家試験としては低い?記事一覧

1.看護師になる為の看護学校とは1-1.看護学校の種類看護師になるには、資格が必要となります。それも国家試験を受けての資格となりますので国家資格ということとなります。この看護師の国家試験を受けるためには文部科学省指定の学校か厚生労働大臣指定の看護師養成所を卒業しなくてはいけません。その学校が、・看護大学・看護短期大学・看護専門学校ということになります。ちなみに看護大学は4年制の大学で看護短期大学、...