夜勤なしor夜勤専従の看護師求人、給料はどうなっているの?

 

夜勤なしの看護師求人、転職に関して詳しく説明している画像

 

1.夜勤なしの看護師求人、転職は難しい?

 

1-1.夜勤は看護師にとってつらいことの1つでもある

 

 

夜勤を嫌に感じる看護師は実は多いんです。

 

看護師として入院のある病院や施設で働く際には、
不規則な勤務時間となります。

 

それは、日勤と夜勤という2交替制、または日勤・準夜勤・深夜勤
という3交替制です。現在は2交代制が主流のようです。

 

看護師として働いている人にとっては、夜勤の多さは辛いことの一つでしょう。
夜勤は心身ともにかなり厳しく生活のリズムが崩れますよね。

 

体質的に夜勤が苦手な人や、子供がいる人で子供が小さかったり
すると夜に家を開けられないという人もいるでしょう。

 

そのため、夜勤なしの求人を探す看護師も非常に多いんです!

 

 

 

1-2.夜勤なしの看護師の求人を見つけるポイント

 

 

夜勤なしでも募集している看護師求人は実際に多いんです。

 

夜勤のない代表的な職場は、入院設備のない医療施設です。

 

例を挙げると美容外科や人工透析科の診療科目の病院や医院、クリニックです。美容外科は最近ではテレビコマーシャルの影響などで患者数が増加しているため、看護師求人も増えているそうです。しかし、美容外科の看護師には年齢制限があったり、営業ノルマがあり収入に変動があるというデメリットもあります。

 

人工透析科においては、患者の精神的なケアに気を使ったり、
透析の特殊なスキルを習得する必要があるというデメリットもあります。

 

夜勤なしの求人も多いですがメリットやデメリットもしっかりと確認しましょう!

 

 

 

1-3.夜勤なしの看護師の給料はだいぶ下がってしまう

 

 

看護師の高収入は夜勤があることで成り立っています。

 

夜勤のある病院では月に8回〜9回程度の夜勤があり、夜勤手当は平均して2万円前後となっています。そのため、月額にして10万円〜16万円前後の差が夜勤ありと夜勤なしでは差が出てきてしまいます。

 

夜勤ありと夜勤なしの看護師の年収を比較してみると、

 

夜勤ありと夜勤なしの看護師の年収を比較に関して詳しく説明している画像

 

 

そのため、夜勤あり、なしで平均すると100万円前後の差が出てきてしまいます!

 

これはあくまでも平均なので、年齢が上がるにしたがって年収の差は大きくなっていきますので、200万円近くの差になる場合もあるので夜勤をするかしないでこれだけ年収は変わってきてしまいます。

 

 

 

2.看護師は夜勤だけできる夜勤専従の病院はあるの?

 

夜勤専従看護師に関して詳しく説明している画像

 

2-1.夜勤専従の看護師は貴重な存在

 

 

夜勤専従看護師の存在は病院にとってとても貴重です。

 

夜勤専門で働く看護師のことを「夜勤専従看護師」とよび、非常に重宝されています。実際に病院では看護師の人数が足りない中でのシフト勤務が当たり前となっており、夜勤専従の看護師がいるだけでもシフトにゆとりができるので病院側としては人気があります。

 

給料は下がりますが、何らかの理由で日勤の仕事を希望する看護師が増えているので、夜勤だけをする看護師の存在感は近年どんどん増していっています。

 

夜勤専従看護師はどの病院でも欲しい存在になります!

 

 

 

2-2.夜勤専従の看護師の給料は高収入が期待できる

 

 

夜勤専従看護師は高収入が期待できる職業です。

 

夜勤専従看護師は1回あたり夜勤手当2万円〜3万円+賞与がもらえるので、年収にすると夜勤専従だけでも年収で500万円以上の年収になるケースもあります。

 

夜勤専従看護師は非常勤で採用されることがほとんどなので、夜勤の回数に制限がなく月に10以上入ることも可能なので高収入が得られる可能性が非常に高い職種です。

 

夜勤専従看護師と常勤看護師の年収を比較してみると、

 

夜勤専従看護師と常勤看護師の年収を比較に関して詳しく説明している画像

 

 

夜勤専従と常勤の看護師の給料はほとんど変わらないんです!

 

夜勤専従看護師は非常勤で働いている場合には夜勤の回数に制限がないので、1カ月に10回〜15回も夜勤に出る人もいるので全体の平均年収は非常に高くなる傾向にあります。

 

しかし、昼夜逆転の生活になってしまうので体調不良などの問題が出てしまう看護師が多くなってしまうという問題点も指摘されています。

 

 

 

2-3.夜勤専従の看護師の求人は多くなっている

 

 

夜勤専従の看護師の需要は非常に高いので求人も多いです。

 

全国的な看護師の不足に加えて夜勤を行う看護師の人数も少なくなっているので、入院病棟があるにも関わらず入院病棟を閉鎖せざるを得ない病院というのは全国に増えてきました。

 

そのため、夜勤だけでも行う専従看護師を求める病院も多いんです!

 

夜勤ができる看護師がある程度確保することができれば、

 

・看護師のシフトに融通が利く
・入院患者を受け入れることもできる
・病院経営も安定してくる

 

など、夜勤専従看護師の役割というのは拡大しています。

 

以前とは違い病院の看護師に対しての考え方も変わりつつあるので、夜勤専従看護師を求める看護師は非常に増えているので待遇が良い求人が見つ借りやすくなっています。

 

 

 

<看護師転職お役立ちページ>

 

看護師転職口コミに関する画像

 看護師転職口コミ!あなたに理想の求人を探すためのコツ!

 

看護師の転職で重要になるのが転職サイトです。しかし、多くある転職サイトの中から看護師に人気で満足度の高いサイトをご紹介します。