治療コーディネーター(CRC)の仕事ややりがい、給料について

 

に関して詳しく説明している画像

 

1.治験コーディネーター(CRC)の仕事

 

1-1.治験コーディネーター(CRC)とは

 

 

新薬の認可を受けるために行われる治験の被験者への心理的なケアやインフォームド・コンセントのサポートを行うなどの業務に携わっている人を治験コーディネーター(CRC)と呼びます。

 

治験コーディネーターCRCは医師の書いたカルテを転記して、被験者となる患者さんのスケジュールを管理するだけが仕事ではありません。患者さんが試そうとしている新しい薬について、十分な説明を受けて同意出来るように補助をしたり、被験者となった患者さんの精神的なサポートも必要です。

 

治験がスムーズに行われるために投薬や検査の日程を組んだり、治験に関わるチームの中が円滑であるように調整などまで担っています。

 

治験コーディネーター(CRC)は治験業務のほぼ全体にわたって携わる仕事です!

 

 

 

1-2.治験コーディネーター(CRC)のやりがい

 

 

治験コーディネーター(CRC)のやりがいは、

 

・新しい薬を試すときにその被験者がCRCの説明を聞いたことで安心して治験に臨んでもらえた時
・自分のかかわった薬が認可をうけ発売されたとき

 

は治験コーディネーター(CRC)として自分の仕事が形になる瞬間ですので、おおきなやりがいに感じることでしょう。

 

また、試す薬は一つでも、その治験には多くの関係者の協力があってからこそ成り立つものです!

 

多くの関係者とのコンタクトをとり、スムーズに治験が行われるというプロセスを目の当たりにしたとき、そのチームの中での自分のCRCとしての立ち位置自体にも、必要性と責任を感じ、やりがいとなっているようです。

 

 

 

1-3.治験コーディネーター(CRC)は経験豊富ではないとできない?

 

 

治験コーディネーターは経験豊富であるとやりやすい職場です。

 

CRCになるために特別な資格はありませんが、通常の仕事の中で専門性が必要になる場合が多いので、看護師や臨床検査技師、薬剤師といった医療関係の資格や実務経験があった方が、役立つことは間違いありません。実務で得た経験は、被験者とコミュニケーションを図る上ではとても役立ちますし、看護師の経験があれば病気に対する症状の知識や、患者の小さな変化も見逃さない強みがあると言えます。

 

臨床検査技師であれば検査の数値の異常をいち早く発見して医師に伝えることが可能ですし、薬剤師であれば薬剤の理解がありますし、治験の方向性もつかみやすいといった長所があります。

 

そのため、CRCは治験に関して幅広く業務を行わなければなりません!

 

正しい情報の入力だけではなく、被験者とのコミュニケーションも大事ですし、治験を行うチームの一員として、各部署を調整し折衝していく能力が必要となってきます。

 

 

 

1-4.治験コーディネーター(CRC)は協調性が重要

 

 

治験コーディネーターは各部門との調整がとても重要です。

 

何よりも、治験コーディネーター(CRC)に協調性がないとすべてがスムーズに進んで行かないので、コミュニケーション能力もかなり重要になっており、CRCになるために必要な資格はないとしても、コミュニケーション能力医学・薬学・法律の知識と倫理的概念を持ち合わせ、臨床経験がある方が良いと言えるのは間違いないようです。

 

そのため、コミュニケーション能力を持っている看護師は重宝される傾向にあります!

 

 

 

2.治験コーディネーター(CRC)の職業は人気?

 

2-1.離職率はそこまで低いわけではない

 

 

治験コーディネーター(CRC)の離職率は比較的低くなっています。

 

この治験コーディネーターは医療関係の資格を持っている人が多く働いておりまたそういった資格を持つ人たちの転職先としてもインターネットでの転職サイトでよく見かけることができます。

 

しかしですが、一般的な評判として病院などで働いている医療従事者とは違い夜勤もなく肉体的心理的負担が少ないといったメリットがありますので、一見働きやすい職のように見えますが実は離職率が10〜20%もあり決して低い数字であるとはいえません。

 

そのため、なかなかハローワークなどで求人を見つけるのは難しいかもしれません!

 

 

 

2-2.治験コーディネーター(CRC)はスキルアップには向いていない

 

 

治験コーディネーター(CRC)でスキルアップは実現するのは難しいでしょう。

 

また治験コーディネーターになるための資格は本来必要としないので医療関係の資格を持っている人達が優遇されるとはいっても実際にその資格に携わる業務が行えるわけではなく、書類作成といった仕事が多くなってしまい専門的なスキルアップを考えている人にとっては適していません。

 

そのため、看護師になっていきなり治験コーディネーター(CRC)の職業に就くというのは次の転職の時に選択肢の幅が狭くなってしまうので、子供ができた看護師や日勤だけを希望している看護師にとっては夜勤もないので理想的な職場ではないのと思います。

 

治験コーディネーター(CRC)は医療行為を経験してきた看護師に向いている職業といえます!

 

 

 

3.治験コーディネーター(CRC)の働き方

 

3-1.治験コーディネーター(CRC)の仕事は外勤がほとんど

 

 

治験コーディネーター(CRC)の仕事のほとんどは外勤です。

 

病院などに赴いて、治験を実施する際に遵守すべき規準に従って各部署をコーディネートし、スムーズに治験が行われるようにするのが、治験コーディネーター、CRCの仕事です。基本的にはCRCは、『治験を実施する医療機関の外部支援機関、SMOに所属し、そこからさまざまな病院へ赴くことになるので外勤がほとんどの仕事』になります。

 

SMOは地域ごとにオフィスを構えていることがほとんどなので、そこの地域のSMOに属していれば、その地域の範囲内の外勤にしか行かずにすむため、転勤のように遠くへ行くことになるという可能性はまず考えにくいでしょう。他の地域にはその地域のSMOがあり、その地域の治験コーディネートはそのSMOに所属するCRCが基本的に行うことになります。

 

そのため、初対面でもコミュニケーションがうまく取れる看護師はとても良いんです!

 

 

3-2.治験コーディネーター(CRC)はまれに転勤もある

 

 

治験コーディネーター(CRC)の転勤は非常にまれ。

 

しかし稀にですが、転勤があることもあるようで、完全に転勤の心配は不要と言い切ることは出来ません!

 

心配な人は、転職のさい、あらかじめ「転勤NG」と条件を絞って転職先検索をするのがよいでしょう。もし「転勤NG」の記載がヒットしなくても、転職サイトをうまく活用すれば、そこの担当者が、転職先に対して「転勤NG」の条件を交渉してくれることもあります。

 

所属している団体によっては派遣業務からの転勤がある可能性もあるので地元で働き続けたい方はこうした理由にて辞めてしまうこともあるそうです。そのため、転勤があるのかないのかを転職をする前に面接で聞いておくと転職で失敗しなくなるので参考にしてみてください。

 

 

 

4.治験コーディネーター(CRC)の給料はどのくらいもらっているの?

 

治験コーディネーター(CRC)の給料に関して詳しく説明している画像

 

4-1.治験コーディネーター(CRC)の給料は様々な要因がある

 

 

看護師から治験コーディネーターへの転職相談が増えています。仕事内容はもちろんですが、給料も気になりますね。そこで治験コーディネーターの給料を調べました。

 

治験コーディネーターの給料は、

 

・「臨床経験年数」
・「社会人の経験年数」
・「年齢」「資格」
・「勤務地」
・「応募する会社の規模」
・「子供の有無」
・「住宅事情」
・「面接での評価」

 

など、能力や経験、年齢や所属していた会社によって金額は異なります。

 

例えば、未経験者の場合は約350〜400万円前後、治験業務経験者の転職の場合は年収約450〜700万円前後、看護師、薬剤師、臨床検査技師、MR認定資格からの転職の場合は年収450〜800万円前後と、医療経験者の転職は給料が高い傾向にあります。

 

看護師とCRCでもこのような差があります。

 

治験コーディネーター(CRC)の給料は決定方法に関して詳しく説明している画像

 

 

 

4-2.治験コーディネーター(CRC)の給料は地域格差がかなりある

 

 

治験コーディネーター(CRC)の給料は地域によって大きく変わります。

 

受け入れ側としては、治験の質とスピードの向上の為、即戦力としてその経験をすぐにでも発揮して活躍してもらいたいと願っていることが多いので、どのような経験を積んできたかなど経験や実績を、職務経歴書や面接で上手にアピールすることが必要です。

 

ただし治験コーディネーターは大都市と比較すると年間にして約50万円ほどの収入差が出ます!

 

 

 

4-3.残業は基本的に多くない

 

 

治験コーディネーター(CRC)は基本的に残業が少ない職種です。

 

治験コーディネーター(CRC)の残業については特に心配する必要はありません。治験コーディネーターは、企業に勤めることが多いので、どうしても残業が多い先入観がありますが、一般企業のように残業が多いわけではありません。

 

大きい企業の場合、『フレックスタイム制や時短勤務を導入しているところもあるので、治験コーディネーターは、残業は比較的少なく、働きやすい環境』にあります。事務処理作業で時間が取られてしまう場合は、残業になることもありますが、パソコンに慣れている人なら問題ありません。

 

治験コーディネーターの残業は、毎月10時間〜20時間が平均なので、それほど多いとは言えません。突然救急患者が搬送されてくるようなことがない職場なので、就業時間終了前にはある程度仕事の目途をつけることができます。治験業務に協力してもらう提携先の病院によっては、勤務スタイルも様々なので、残業になる可能性がないとは言い切れませんが、無理やり残業を押し付けるような企業はまずないと考えてよいでしょう。

 

 

 

<看護師転職お役立ちページ>

 

看護師転職口コミに関する画像

 看護師転職口コミ!あなたに理想の求人を探すためのコツ!

 

看護師の転職で重要になるのが転職サイトです。しかし、多くある転職サイトの中から看護師に人気で満足度の高いサイトをご紹介します。